Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
マメ知識

便秘解消の秘訣は?簡単スクワットで効果があった?!

こんにちはアズキです。毎日楽しく生きていますか?便秘で悩んでいませんか?いまからできる簡単な運動で朝からトイレにいってスッキリしましょう!

便秘とは

人によって様々ですが、簡単に言うとお腹に便がたまっていることです。

便秘で起こる症状とは

肌荒れ、お腹の張り、頭痛、胃痛、胃もたれなど。

便秘の原因は

1食事と適度な水分

健康な便とはバナナみたいなもので、適度な水分が含まれており力も入れずスルスルっと出てきます。

これが便秘なると、お腹が痛いのに出ない。頑張って出てもコロコロの粒が一個なんてザラです。

まずは自分の便の状態を知る事が大事です。

食事も揚げ物ばかり食べるのではなく。野菜もバランスよく取って胃の負担を軽減させてください。

あと水分といってもジュースではなく、お茶や温かい水を飲むのも効果的だそうです。

2押し出す力が弱くなっている

ここです!押し出す力が弱くなっている!今日はここを覚えてください!

3精神的ストレス

便秘とストレスは結構関係あります。私は逆でストレスだと困るくらいお腹が緩くなります。ひどい時はオナラをしたら出ているのでトイレの番人です。そのくらい離れられなくなります。しかし、運動をすると夢中になっていつしか悩んでいたことすら忘れています。悩む前に体を動かす!

子供は便秘は便をするとお尻が痛いというストレスで便秘になるパターンもあるそうです。

薬で解決する方法もありますが、自然に出せたら1番ですよね。

そんな時にお金も場所もいらない魔法の運動それがスクワット!

魔法のスクワット

スクワットをみなさん知っていますか?そうです。しゃがんで立つ簡単ですね。便秘には食事と水分そして適度な運動も必要になってきます。そして、運動する時間がない、場所がないという人に必見なのがこのスクワット!

先ほども述べた様に『しゃがんで、たつ』これだけです。

効果

下半身全般に効きます。ウエイトトレーニングのBIG3の1つであり効果は期待できます。特にお尻、ふともも、お腹周りにも!だからきく!

姿勢が大事!細かいことは言いませんまずやる。最初は少ない回数をして徐々に増やす。

最初は5回からでいいです。やりすぎると激しい筋肉痛が伴い動けなくなります。これでは意味がありません。

最初は椅子、壁に手を使ってもいいです。いきなりできる人はそれなりの運動能力の持ち主です。継続が大事です。物足りないぐらいが丁度いいです。15回ぐらいできるようになってから支えなしでスクワットをしてみましょう。

楽しみながら行う。

好きな音楽をかける、またテレビを見ながらでも十分できます。

本当はジョギングなんかも便秘に効果的ですが時間がない人のためにスクワットのみにしています!

呼吸も大事

話は変わりますが、ちゃんと呼吸をしていますか?

無意識で呼吸していませんでしたか?

意識はとても大事です。

トイレで力を入れる時も無駄なところに力をいれてませんか?どこに便が詰まっているか意識して下さい。腸がどの様な形でどういう経路で流れていくのか考えてイメージして下さい。

力を入れて出すとお尻は痛い!鼻から大きく息を吸って2つ腹式呼吸で腸を動かす。

1普通の腹式呼吸

普通の呼吸は胸が膨らみますがお腹が膨らむイメージで呼吸して下さい。するとどうでしょう、いつもより多く酸素を取り入れている気がしませんか?そして、お腹に圧がかかって腸に刺激を与えている気がします。

2お腹をへこますイメージの腹式呼吸

腹式呼吸にへこます様に腹筋に力を入れます。すると何か押し出す力が働いていませんか?しかも、呼吸と一緒に行うことで少ない力で押し出すことができます。

必見!トイレの足置き台

ここまできたら、あとは姿勢です。なんとトイレの足置き台を使うと楽な姿勢をとれます。最初は恥ずかしいかもしれませんが一回使用すれば手放せなくなるかも!?楽な姿勢は快便の秘訣です。

ヨガも効果的!?

呼吸と聞いて、あっと思う方もいるかと思いますがヨガでも呼吸を意識することを重視しています。

寝る前はスクワットよりヨガの方がおススメです。スクワットだと目が覚めてしまいます。

腸内環境を整える

野菜だけでなく、ヨーグルトやオリゴを摂取して悪玉菌をやっつけましょう!

まとめ

  • スクワットで適度な運動。
  • 食事と適度な水分をとる。
  • スクワットで適度な運動。
  • 腹式呼吸をしてお腹と腸を意識する。
  • 睡眠前も呼吸を意識。
  • 腸内環境も整える。ポイントを意識をして、楽しみながら行なっていきましょう。

本日はありがとうございました。