Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸人

ギター芸人・野性爆弾くっきーの本名や年齢や身長体重、学歴や年収は?

あずき
あずき
こんにちは!あずきです。

今やテレビに引っ張りだこで、シュールで独特な笑いを与えてくれる野性爆弾のくっきー、もう最近では出てくるだけで笑ってしまいます。

どこかぶっ飛んでいて、他のお笑い芸人に無い独特な雰囲気のくっきーですが、時々ぶっ飛びすぎて付いていけない時があります。

それがまた彼の魅力でもあり、大好きなところです。

そんなくっきーについて、もっと知りたいと思ったので、色々と調べてまとめてみました。

野性爆弾のプロフィール、本名は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿


くっきーはピンでテレビに出演することが多いですが、野性爆弾というコンビで活動しています。

野性爆弾の詳細については以下、よしもとのホームページを参照しました。

<プロフィール>

コンビ名:野性爆弾

結成年月日:1994年4月1日

2人とも1994年 NSC大阪校13期生

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

<経歴>

滋賀県守山市立河西幼稚園

滋賀県守山市立西河小学校

滋賀県守山市立守山北中学校(ロッシー生徒会長)

滋賀県守山北高等学校(川島生徒会長)

野生爆弾:くっきーのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

  • ボケ
  • 名前:くっきー
  • 本名:川島 邦裕(かわしま くにひろ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年03月12日
  • 身長/体重:180cm /80kg
  • 血液型:AB型
  • 出身地:滋賀県
  • 趣味:ツメを切らない(約30年)/洋食を和食の味に変える
  • 特技:カマキリ早つかみ、リンゴを綺麗に食べる

野生爆弾:ロッシーのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

  • ツッコミ
  • 名前:ロッシー
  • 本名:城野 克弥(しろの かつや)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年04月06日
  • 身長/体重:180cm /76kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:滋賀県
  • 趣味:おしゃべり/育ちが良いこと
  • 特技:ベース、ゲーム(ドラクエ10など)、サッカー、野球

野生爆弾のニックネームは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

ボケとネタ作りも担当しているくっきーは、本名と旧芸名が「川島 邦裕(かわしま くにひろ)」で、以前は「くーちゃん」という愛称でも親しまれていました。

しかし、芸名を「くっきー」に改名し、たまに他の芸人さんが「くーちゃん」と呼んでいる時があるくらいで、今では世の中には「くっきー」で浸透しています。

ではなぜくっきーに改名したのか、改名理由についてはまた後で解説します。

ツッコミを担当しているロッシーは、本名が「城野 克弥(しろの かつや)」です。

「ロッシー」は「城野(しろの)」から付けられたみたいですね。

ロッシーはとても人がよく、滅多なことでは怒らず、また、ツッコミではあるものの、天然なところもあり、そこもみんなに愛されています。

 

野性爆弾の年齢や身長体重、出身地や学歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

年齢については、プロフィールを見ると2019年6月現在でくっきーが43歳、ロッシーが44歳ですね。

テレビで見る限り、もっと若いような印象でした。

 

そして、身長は二人とも180㎝と同じで、背が高いんですね。

体重はくっきーが80㎏、ロッシーが76㎏。

くっきーはガタイが良くて大きいイメージで、ロッシーは細身のイメージでしたが、数字でみるとそんなに変わらないようです。

 

出身地は滋賀県守山市で、二人は幼稚園からの幼馴染です。

幼稚園から小学校、中学校、高校も同じ所に進学し、高校を卒業後は揃って大阪NSCに入り、野性爆弾を結成しているので、もう40年以上一緒にいることになります。

卒業した高校は「滋賀県立森山北高校」という高校で、偏差値は40と、それほど高くはないようです。

そして、卒業後にNSCに入っているので、最終学歴は高卒となります。

お笑いのセンスと、学歴は関係ないですね。

野性爆弾・くっきーの芸名の改名由来は?

くっきーの改名由来については、2015年10月のORICON NEWSにもなっていました。

以下引用

先月12日に行われたコンビ20周年記念単独ライブで、川島邦裕から改名したばかりだが、由来について「ベッキーが好きだから」と照れながら明かした。

「街を歩いていて川島って呼び捨てにされるのが嫌だった」と改名を決意し、「くっきーだったら、ヤンキーが言っていても嫌な気がしない」と新しい名前に満足げ。

引用元:ORICON NEWS

ベッキーが改名の由来だったとは驚きです。

くっきーはベッキーが好きで、韻を踏んだくっきーにしたのですね。

また、街中で本名の呼び捨てより、「くっきー」という可愛らしい愛称の方が、呼ばれて嫌な気がしない、という理由も大きいようです。

少し強面の見た目に、可愛らしい愛称と、そのギャップも魅力ですね。

また、NEWSの記事には

今後も当面はくっきーの名前で活動するが、「ほかにも付けたかった名前があるので、全部制覇したい。“自歩”と書いてジッポとか。自分のなかでランクあがったら変えていく」と宣言。ランクアップは給料が上がることだといい、次の改名は15年以内に「50万になったら」と目標を掲げた。

引用元:ORICON NEWS

 

とありますので、今後も改名する可能性があるようです。

「自歩」に改名したとすると、本名からかけ離れてしまうので、馴染むまで時間がかかりそうですね。

追記

野生爆弾くっきーは2019.8.18にくっきー!に改名しました!

野性爆弾・くっきーの絵描き歌や顔モノマネ、ネタや芸風は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

くっきーは、テレビにピンで出演する際、白塗りの顔モノマネで出演することも多く、初めてその顔モノマネを見たときはとても驚きました。

顔全体を白く塗り、それから特徴を捉えた黒い線が描かれており、インパクトが強すぎて笑ってしまいますが、実はとてもよく似ています。

パッと写真を見ても誰かわかるほど特徴を捉えているのは、くっきーの観察力と、表現力の賜物ですね。

 

中でもよく似ているのが「雨上がり決死隊」のお二人や「柴田理恵」さん。

レパートリーはとても多く、男性も女性も、国籍も関係ないようです。

野性爆弾・くっきーの今現在の年収も気になる?!

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

そんなテレビやネットでも良く目にするくっきーですが、実際どれくらいの年収なのでしょうか。

 

調べてみると、まだブレイクする前の野性爆弾の給料についてエキサイトニュースに書かれており、「仕事が全くない時には月収5〜8万円が15年くらい続いた」とのことです。

流石に月収5〜8万円では生活が厳しく、その当時は借金もしていたようです。

 

また、くっきーが改名した時のコメントで「次の改名は15年以内に月収50万円になったら」と目標を定めていたため、改名した時点では、まだ月収50万円はなかったのでしょう。

 

その改名後、現在のようにブレイクしたので、今ではもっと年収は高いと思われます。

 

2018年5月のライブドアニュースの記事では、くっきーの最高月収が350万円とありました。

月によって波はあると思いますので、年収にすると最低でも1,000万円、おそらく2,000万円近くあるのではないでしょうか。

 

一方で、月収を聞かれたロッシーは「35万円」と答えていたようです。

サラリーマンの給料としては悪くないように思えますが、くっきーとの差が大きいですね。

野生爆弾:くっきー!まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

野性爆弾 くっきー ファンアカウントさん(@yasei_bakudan)がシェアした投稿

以上、野性爆弾の特にくっきーについてまとめてみました。

 

シュールであり、勢いのある笑いを提供してくれるくっきーですが、周りに流されずに自分を突き通しているところがとてもかっこいいです。

これからも変わらず、時には私たちを置いていくくらいのぶっ飛んだことをやっていってもらいたいです。

 

これからも応援しています。

最後まで見ていただきありがとうございます!